スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方紅楼夢13

 さんざんTwitterで呟いた挙句に、今さらこっちで告知打たないと思いました? 残念、(一応)更新します。

 さて、今週末に迫りました東方紅楼夢13ですが、一年振りの新刊を引っ提げてサークル参加いたします。実のところ、一年で新刊が出るのはEDStudio史上最速記録となるのですが、まるで自慢にならないという。
 新刊「スターライナー」は、老いた魔理沙を中心に、遥か未来の幻想郷を描く一作となっております。サンプルはpixivにて公開中ですので、よろしければご確認ください。また、カバーイラストは前々作「四隅の鋭角」と同じmiyoさんに手掛けて頂きました。是非会場でご覧になって頂ければと思います。

 そして、もう一点大事なお知らせです。東方紅楼夢13にて新刊をお求め下さった方を対象に、アンケートにお答え頂くことで100円引にて新刊を提供させて頂くキャンペーンを実施いたします。これにより、通常頒布価格600円のところを、コインいっこ(500円)にてお買い上げ頂くことができます。
 ご自身で買いに来て下さった方だけでなく、買い子としていらっしゃった方にも参加していただけるように計らっておりますので、「わざわざ自分で行かなきゃいけないのかよクソが!」となる心配はございません。が、本音を申し上げれば、お読み下さる方ご自身に来て頂けた方が嬉しくは思います。もしお時間が許すようでしたら、ご協力頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。私共のような弱小サークルにとっては、皆様のささやかな一言が値千金のものです故――

 それでは、10/22の東方紅楼夢13、スペース番号せ-24bにて、皆様のお越しをお待ちしております
紅楼夢13サクカ 小

スポンサーサイト

名華祭11とその他

 はい、皆様お久しぶりです。えどわーどです。

 そんなわけで、以前に少し触れた内容ですが、来る四月二日に開催される東方名華祭11にて、無事スペースを頂くことができました。E-34にてお待ちしております。
名華祭11サクカ
 なお新刊はありません。
 …って言うと、正直わざわざここへ確認しに来て下さる方にとっては「じゃあいいや」にしかならないんだよなぁ。ちなみに次作はノロノロと執筆中。目標は今年の紅楼夢あたりです。期待せずにお待ち頂ければ。

 あとは近況をぼちぼち。
 近況というか、今週末発売のMHXXがだいぶ楽しみになってきてます。ド下手なりに長々と遊んでおりますが、今度はスタイルもさらに増え、これまで使ってきた武器種も一層使い込めるようになりそうです。あと、何気にすごく待ち遠しいのがべリオ装備とべリオ武器。3Gの頃には主にデザインが理由で愛用していたので、是非とも作りたいものです。
 モンハン以外だと、春配信とされてきていたマギアレコード。6週連続CMも始まり、この調子だと四月末か五月くらいかなと予想しています…が、不安なのが容量。現在使っているiPhoneが、買った当初はそこまでガッツリゲームをやる気がなかったこともあり16Gモデルだったのですが、気が付いたら自由領域の約半分をFGOに食われているという事実。動作にはそこまで不安を感じていない中で買い替えに走るかは微妙なところですが、先のことを思うと選択肢には入れておこうかな、とか。

 そんなこんな。とりあえず名華祭では新しい何かをお見せする用意はありませんが、気が向いた方はお越し頂けると幸いです。それではまた

死ぬほど雑記

 皆様、新年あけましておめでとうございます。えどわーどです。
 もう22日だぞ俺。

 心底遅くなりましたが、昨年の紅楼夢12では大変多くの方に当サークルの本を手に取って頂くことができました。既刊、新刊いずれについても、ご購入くださった方々には厚く御礼申し上げます。
 とはいえ、調子ぶっこいた私がかなり過剰な発注をかけたため、実のところまだまだ在庫は残ってございます。これらにつきましてはまた改めて告知を打つつもりではありますが、恐らくは四月の名華祭、そして五月の例大祭で再度頒布する予定であります。詳細が決まるまで、今しばらくお待ちください。
 ちなみに、進行具合からいって、まず間違いなく新刊はありません。悪しからず。

 紅楼夢の後は、うたわれるものプレイしたり、FGOのクリスマスイベやったり、七章やったり、終章やったり、美術展見に行ったり、卓球の全日本見てたりとそれなりに色々やってました。新作の原稿もちまちまやってますが、丁寧に書くあまり筆が遅く云々という言い訳も……
 あ、すげぇローカルな話になりますが、愛知県立美術館で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」、良かったです。印象派の絵画は元々好きだったのですが、互いに縁深い二人の生涯に焦点を当てた展示は、その時期の画風と背景の関連を見ることができ、大いに楽しめました。今回の展示の中では、「グラスに生けた花咲くアーモンドの小枝」が個人的には気に入りました。
……これ何のブログだよ。

 そんなこんな。また遠からぬうちに何かしら報告できればと思います。
 もしなかったら……察してください

一年ぶりの更新、一年半ぶりの告知

 タイトル通り、約一年ぶりです、えどわーどです。最近はだいたい何かあってもtwitterにポロっと漏らして終わってしまうので、だいぶ遅れての報告となるのですが…

 10月9日開催の東方紅楼夢12、サークル参加いたします!!
紅楼夢12サクカ - 小ー

スペースはG-36aに頂いております。お間違えのないよう。
 そして頒布物ですが、昨年春の既刊"四隅の鋭角"に加え、新刊"あなたの恋に、××を"がリリース予定です。入稿まで完了しておりますので、よほど大きなトラブルが発生しない限り問題なく頒布できる予定です。
 違います、フラグではありません。
 もうしばらくしましたら、pixivの方でサンプルを公開する予定ですので、それまで少しばかりお待ちください。そして、今回表紙を担当してくださったのは、昨年例大祭のオフレポでも触れさせて頂いたFULEさんです! サクカの方にもキャラ部分を使わせて頂きましたが、本当に勿体なくなるくらいの美麗なイラストを手掛けて頂きました。文字まで入れた表紙イラストの方も、本文サンプルと同様pixivの方にアップする予定ですので、楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

 あとは、少しばかり雑談でも。
 iOS版リリース直後くらいから、"Fate/GrandOrder"プレイしてます。非課金勢……と言いたいところですが、先日の一周年記念福袋の際に初めて課金してしまいました。船長当たりました。
 まぁ不満な点がないわけではありませんが、稼働直後と比べたらかなり遊びやすくはなったかなと。なまじロクに課金しておらず、高レアキャラも少なめなおかげか、それなりに育てたいキャラを育てて遊べてますし。また、章ごとのバラつきは多少感じるものの、シナリオは総じて楽しめています。個人的には1章と6章が特に良かったすね。
 あとは、そろそろうたわれるものの完結編も出るので、そっちも楽しみです。

 今回はこんなとこですかね。それでは、また続報を出す際にお会いしましょう

えどわーどん家のゲーム事情2015秋+α

 お久しぶりでいきなりですが、まずはおまけの方から話して参りましょう。
 本日、新作短編「幸せを知るために」を東方創想話およびpixivに投稿しました。雛の元に、一人の少年が訪ねてくる、ちょびっと暗めのお話です。お食事をしながら読むことはお薦めしませんが、お暇な方はどうぞ。
 ちなみに、一月くらい前にしれっともう一本、艦これ短編「幸福と報復」をpixivにて公開しました。タイトルを見て分かる通り、なんか同じような話ですが、こちらも気が向いたら読んでいただけると嬉しいです。
 さて、今週末は紅楼夢が開催されますが、ここまでだんまりしていたことからお察しの通り、EDStudioはサークル参加いたしません。一般では入るので、またオフレポなんかは書きたいですね。

 では、ここから本題です。
・艦これ
 昨年の冬から、イベント海域で難易度が設定できるようになりましたね。自分は冬、春は全海域を甲でクリアしていたのですが、さすがに今年の夏は難易度高かったです。一応秋月の回収には成功しましたが、通しで甲甲乙乙甲乙丙でのクリアとなりました。まぁ一番の関心事はカタパルトだったんですけどね。おかげさまで翔鶴改二の実装即日に改造、その翌日にLv150に到達しました。やったぜ。

・うたわれるもの 偽りの仮面
 ぶっちゃけ、これが今回最も重要なお話です。
 発売から数週遅れで買いました。Vitaごと。前作にも興味はありつつ、結局アニメ版を見ただけのにわかだったのですが、何となく世界観や流れは掴んでいたので特に問題なくプレイできました。
 つい昨日クリアいたしましたが、正直なところ…凄まじい話でした。序盤も悪くはないのですが、それ以上に中盤以降の盛り上がり方は、ついついプレイが止まらなくなる面白さです。具体的な話をするとネタバレになってしまうのが辛いところですが。
 また、ラストの展開についても、その為の布石はそれ以前から打ってあり、自分も直前まで意識はしていました。それでも、非常に巧みな間合いから突きこんできた感がありました。ああいった伏線の回収のタイミング、またその演出の方法というのは、今の自分の技量では真似できないですね。
 ひとまず、これからプレイされる方、もしくは現在放送中のアニメ版を視聴している方に、自分から一つだけ申し上げるなら。

 主人公の回想で彼の兄が、また現在の時間軸で別のキャラが、主人公に対して彼の性分を指摘した台詞を、ラストでとあるキャラが演説するシーンで思い起こして頂きたい。

 勿論、自分が最も印象に残った見方が、他の方にとって感慨深いとは限らないことは重々承知しているのですが。
 あ、ちなみに自分が一番気に入ったキャラはキウルです。女性に限定すれば、出番少ないけどエントゥアです。

 さて、そんなこんな。
 ブログにせよ小説にせよ相変わらず好き勝手書き散らかしてますが、ご意見ご感想などあればお聞かせ頂けると幸いです。それでは、今回はこの辺りで~
プロフィール

えどわーど

Author:えどわーど
サークル「EDStudio」代表のえどわーどと申します。まったりゆっくり更新していきますので、よろしければお付き合いください

pixiv えどわーど
twitter @Edwordsparrow

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。